作業員

プライバシーを守る大切な鍵は交換しておこう

家のリフォームをしたい

作業員

家のリフォームするために

マイホームを購入して年数が経つと色々な箇所が老朽化してリフォームしたくなるものです。中でも家の入口にあたる玄関のドアを交換する人が年々増えています。ドアの交換におけるリフォームの特徴は、高齢化に伴い通常の開き戸からスライド式の引き戸に交換する事例が多いことです。また老朽化に伴い立て付けが悪くなりやむを得ずドアを交換する例もあります。肝心のドアの交換費用ですが、玄関用や室内用、サイズや種類によって異なります。一般的に部屋のドアでは4〜10万円程度で、玄関のドアならば15〜30万円程度かかります。玄関用は防犯上カギが必要なのと、屋外用で頑丈なため部屋用よりは費用がかかります。まずは自身でどのようなドアに交換したいか目的を明確にしましょう。

リフォームの人気の理由

ドアの交換する家庭が増えている理由ですが、まず玄関のドアの場合は家の顔でありキレイにしたいという心理があります。玄関がキレイになるだけで随分印象が違います。次に防犯上の理由が上げられます。昔のシリンダー錠ではすぐ解錠されて空き巣に入られる恐れがあるので、ドアノブだけでなく扉ごと交換する人が増えています。最近は施錠箇所を2箇所にしてカギの形状も複製しにくいものに進化しています。また高齢化により開閉が楽な開き戸に変更する人も増えています。交換時間も工事の簡略化が進み、最近ではほぼ1日で完了するケースが多く、工事費用が安くなったのも人気の理由です。昔に比べて扉のバリエーションも豊富になったのも交換熱に拍車をかけています。